片思い・両思いになるおまじない

片思いが叶う!ピンクのキャンドルと鏡のおまじない【満月の3日前〜前日まで3日間】

片思いが叶う!ピンクのキャンドルと鏡のおまじない【満月の3日前〜前日まで3日間】

片思いの相手がいる、この恋は絶対に叶えたい!という思いがある。

恋をする気持ちは素敵ですよね。

今回は片思いが叶う、伝統的なピンクのキャンドルと鏡を使ったおまじないを紹介します。

片思いが叶う!ピンクのキャンドルと鏡のおまじない

【必要なもの】
・ピンクのキャンドル
・グリーンのキャンドル
・円形、もしくは楕円形の鏡

【タイミング】
・満月の3日前~満月の前日まで《3日間連続で行います》

【方法】
1、満月の3日前、日の入り後にピンクのキャンドルに火を灯し、その次にグリーンのキャンドルに火を灯します

2、夜空を反射させるよう鏡を平らな場所に置き、鏡の端と端にそれぞれキャンドルをそっと置きます

3、『キャンドルの灯よ、私と○○さんを愛情強く、永遠にお結びください』と呪文を唱えます

4、キャンドルの中間部分を見つめながら、片思いの相手の名前を優しく呼びます

5、2つのキャンドルを近づけながら、『お互いの心と気持ちが近づきますように』と呪文を唱えます

6、キャンドルから出るスモークを感じながら、もう一度片思いの相手の名前を優しく呼び、グリーンのキャンドルの火を吹き消してからピンクのキャンドルの火を吹き消します。

7、満月の2日前、日の入り後にも同じようにおまじないをします。この時、ピンクとグリーンのキャンドルを鏡の上で昨日より近づけます

8、満月の前日、日の入り後にも同じようにおまじないをします。この時、キャンドルとキャンドルが触れるまで近づけます。

9、鏡を見つめながら、『私たちの心は結ばれ、今この時ひとつになります』と呪文を唱えます。この時、片思いの相手と結婚式を挙げている姿をイメージしましょう

10、キャンドルが溶けてなくなるまで火を灯し続けます

ABOUT ME
Sara
Sara
エンジェルナンバーの意味を分かりやすく、そして“天使たちのアドバイスを日常生活に活かせるように”を心がけてお伝えしています。