恋愛占い

この恋は諦めるべき?禁断の恋の行方は?【タロット占い】

あなたが好きになった人とは本来、結ばれてはいけないはずの2人。

まさに禁断の恋をしてしまっているのですね。

頭では関係を持ってはいけないとわかりつつ、好きと言う気持ちが抑えられないのでしょう。

相手のことを諦めるべきなのか、想い続けてもいいのか、タロットに聞いてみましょう。

この恋は諦めるべき?禁断の恋の行方は?【タロット占い】

では、心を落ち着かせて、相手のことを想いながら1枚選んでください。

*

*

Aのカード選んだあなたはコチラ
Bのカード選んだあなたはコチラ
Cのカード選んだあなたはコチラ
Dのカード選んだあなたはコチラ

Aのカード

「ワンドの女王」

成功の確信を得ることができるこのカードは、あなたの恋愛が成就することを示しています。

本来ならば好きになってはいけない相手でありながらも、諦めることなくアピールをしてきた努力が報われるときがすぐそこまで来ています。

迷いや不安がこの先、あなたに降りかかることがあるでしょう。

しかし、自分の気持ちを第一優先に考え、行動することで暗転していた状況がひっくり返されます。

男性側の方は、女性を立てることが上手な方のようですね。

女性がリードし、男性を振り回しているのでしょう。

この関係性がお互いに心地よく、二人の関係がより深まっているでしょう。

しかし、何事も行き過ぎはよくありません。

相手が男性ならば、相手の気持ちを考えつつリードしましょう。

相手が女性ならば、たまには甘えてわがままを言ってみませんか。

少しのスパイスがより2人の関係をよくしていきます。

【スポンサーリンク】

Bのカード

「カップの王子 逆位置」

将来を不安に感じているのでしょうか。

このカードは、「悲観」「自暴自棄」「逃げる」という意味を強く持っているカードです。

ダメだとわかっていながら好きな気持ちが抑えきれず、相手にアタックをして困らせてはいませんか。

アタックをすることで、あえて自分を正当化させ、罪悪感を消しているのでしょう。

相手の満更でもない態度が引き際を隠しています。

しかし、相手には想い人や恋人、パートナーがいて将来自分になびくことがないことも頭ではわかっているようです。

今、あなたは試練の期間なのです。

自分の気持ちに押しつぶされそうで、その場から逃げたくなる時もあるようです。

相手を諦めようとしつつ、自分の心の弱さに辟易してしまうこともあります。

相手を諦めることは容易ではありません。

相手を諦めるためにも一歩踏み出す勇気が必要です。

急いで相手を忘れようとすることはありません。

時間が解決してくれるでしょう。

必ず、あなたの試練と勇気は報われます。

誘惑に流されることなく、自分を信じて進んでいきましょう。

Cのカード

「カップの女王」

このカードは愛をつかさどる女性を象徴したカードで、相手に会いを求めているあなたを表しています。

あなたは相手から深く愛されることを望み、愛を交わしあいたいと思っているのでしょう。

温和な性格であるあなたはまだ相手に思いを伝えることができていないのではないでしょうか。

好きになってしまった相手が、あなたにとっては禁断の恋になる相手なのでしょう。

好きだけど、気持ちを伝えられず刻々と時間だけが過ぎていっています。

好きになった相手に、あなたは気持ちを伝えることなく諦めようとしていますね。

それば最善の方法だということに気づいているのでしょう。

相手への気持ちに見切り付けると、それまで気づかなかった周囲の状況が見えてきます。

意外な相手からの告白や知らなかった事実を知るようになるでしょう。

今の不安などは消え、代わって友情や愛情のすばらしさを実感する出来事に巡り合います。

いい兆しであることに間違いありません。

Dのカード

「ワンド5」

あなたの気持ちが試される時期に入っています。

ワンド5のは「対立」「葛藤」「精神力」といった忍耐強さをあらわすカードです。

今、あなたは好きな人との関連で対立している状況に立たされているのでしょうか。

予想外の出来事に振り回され、疲れていることがわかります。

あなた自身が正しいと思うのならば、引き下がる必要はありません。

反対を押し切ってでも試練にぶつかっていくとよいでしょう。

もしも、ここであきらめてしまったら、後悔が残ることになるでしょう。

あなたが納得するまで、戦うためには忍耐力が必要になります。

障害に打ち勝つ、障害に屈しない精神力が必要になるでしょう。

ABOUT ME
桃香
桃香
タロット占いを始めて13年になりました。恋愛相談から家庭内のご相談までたくさんの方と出会うことができました。タロットカードで悩みや不安を解決に導くことが私の使命です。