出会い・結婚のおまじない

長く付き合っている彼にプロポーズをさせるリンゴのおまじない【下弦の月が見える夜】

長く付き合っている彼にプロポーズをさせるリンゴのおまじない【下弦の月が見える夜】

付き合ってもうだいぶ長くなるけど、彼はまだプロポーズしてくれないの?

そろそろ適齢期だし、プロポーズして欲しい!と思っている方、彼にプロポーズさせるりんごのおまじないをしてみてはいかがでしょうか。

長く付き合っている彼にプロポーズをさせるリンゴのおまじない

【必要なもの】
・リンゴ 1つ (おまじないの相手があまりリンゴを好きではない場合は、半分に切ることができる他の果物で代用してください)
・シルバーのナイフ 1つ

【タイミング】
・下弦の月が見える夜 (下弦の月の間は、果物を収穫するのに適した時期でもあります)

【方法】
1、流水を使ってリンゴを綺麗に洗いながら

『親愛なるリンゴの精よ、○○さんがこのリンゴを食べる時、彼に永久の愛をお与えください。
親愛なるリンゴの精よ、○○さんがこのリンゴを食べる時、彼の迷いを取り去りください。
親愛なるリンゴの精よ、私たちがこのリンゴを食べる時、ふたりの間に“結婚”という2文字が見え、末永く幸せに暮らせますように』

と呪文を唱えます

2、1の呪文を心の中で3回唱えながらリンゴをちょうど半分に切り、2人で食べます。

3、種の部分など、食べきれなかった部分は土の中か植木鉢の中に埋めます。

この時、1の呪文をもう一度繰り返し唱えます

ABOUT ME
Sara
Sara
エンジェルナンバーの意味を分かりやすく、そして“天使たちのアドバイスを日常生活に活かせるように”を心がけてお伝えしています。